KTY84-130温度センサー生産停止問題

KTY84-130温度センサーをお使いの方へ

日本では馴染みのないセンサータイプですが、欧州では盛んに採用されています。

特に、モーターの中心部へコイルと一緒に巻き込んで、そのモーターの内部温度を測定するために配置されます。このKTY84温度センサーは、モーター上位のインバーター等の駆動回路に接続され、過負荷によるモーター焼損を防ぐために重要な働きをします。

SiemensやSEWのモーターには、このKTY84センサーが盛んに採用された時期がありました。しかし、これらのメーカーにKTY84センサー納めていた部品メーカーは、KTY系の温度センサーの生産をやめてしまいました。そして、それを期に、SiemensはKTY84に変わるセンサーとしてPT-1000を採用しました。

Siemens製ドライブシステムを運用していく際に、モーターとドライブを一度に更新出来ればよいのですが、モーターだけ、ドライブだけ更新したい場合に、温度センサーの不一致が生じる場合が発生します。

そのような場合に、KTY84をPT-1000へ変換、もしくは、PT-1000をKTY84へ変換するコンバーターが有効になります。

私たちは、そういったニーズに答えるために、温度センサーコンバーターを提供いたします。