vmware 仮想PC パラレルポート

古いWindowsOSを最新のハードで運用する。

WindowsXPのころのパソコンには、シリアルポート、パラレルポート(プリンターポート)などの、古い規格(レガシー)のインタフェースがあります。

産業用のパソコンの場合、装置の操業用にSCADAが採用されている場合があり、そのSCADAは不正利用を防止するために、コピーガードが設けられている場合があります。

コピーガードの手法として、パラレルポートにドングルキーを接続することで、SCADAが起動するようになります。

ドングルキーを接続しないと、まるっきりSCADAが起動しなかったり、一定時間を過ぎると操作できなくなったりする場合があります。

仮想PCソフトのvmwareは、ホストOSのUSBインターフェースを介して、ゲストOSのレガシーなインターフェースを提供することができます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です